入院した誤嚥性肺炎における絶食管理は,患者に対して治療期間の延長や嚥下機能低下などの有害な効果をもたらした.不必要な絶食管理の回避は,誤嚥性肺炎を治療しかつ薬剤投与に加えて患者のアウトカムに寄与するもうひとつの手段となる可能性がある.

この記事を書いた専門家

admin